HOME  > スタッフブログ  > 最新エントリー

スタッフブログ

Auther:  cyclismejapon

めずらしくこ~ぢのまじめな道路の安全整備についてのお話


 【日頃道路走って危険に思うこと】
 安全に走るテクニックもさることながら、安全に走れる道路環境の整備も必要なことだと最近思う。

 レクチャーをさせていただいていて、ほんとに怖いのが下り、スピードの出る平坦での事故だから。
 前輪が穴にはまってロックしたら、大事故になるのは目に見えている。

 【日本の現状】
 日本ではまだロードレーサーだけではなく、自転車が市民権を得ていないなと思うのが、クレーチングの間や、道路の継ぎ目の縦溝だ。

 コースの下見にいくと、たいてい複数箇所にクレーチングの穴がある。
  地盤が緩い山場の林道は仕方のない部分もあると思う。
 
 【対処】
 ①今行政にも協力していただいて、そういった補修個所を報告している。
 
 ②自分で応急修復
 MTBの鈴木雷太さんからのアドバイスで、すぐに直せるところは、まず木を埋めている。
 木片とかなずちとのこぎりがあれば、直せるところも多い。 
ポイントは少し長めに板を切って、たたき埋めることだ。
 
 だけど土台がなかったり、完全に歪んでいたら、やはり行政に基礎工事からやってもらうしかない。
 【前例】
 長野県飯田市かみむらでは、去年こういったか所をきれいに直していただいた。
 【実際の事故】
 レクチャーを受けていただいた方の中に、レクチャー外で、お二人の方が道路の整備不足で大きな事故をされたと伺っている。
 自転車乗りのマナーを、自分も心がけながら、だけど自転車の市民権を守っていける活動も、並行して進めたい。

 自転車乗りもドライバーも道路を造られる方も 自転車のほんとの素晴らしさと怖さをわかってほしい。

  皆さんまずは下りでもいつもクレーチングの穴を確かめられるスピードで、行きましょう。
 
 あと道路端 コンクリとアスファルトの縦溝(数ミリ)でも、乗り越えたら転びます。ママちゃりとロードレーサーはタイヤの太さが違うので、段差には絶対のらないこと。
 
 皆さんからの意見おまちしています。
Auther:  cyclismejapon

胡瓜パワーで 乗鞍も全開

「胡瓜 塩につけとくから、山の帰りに寄っていきな。」
 そう東秩父直売所のやさしいお姉さんに言われ、
 「だけど、今日は山の反対ときがわに下るからと、」
 涙をのんでおことわりしたら、おねえさんきゅうりをみんなに振舞いだしてくれた。

 参加者の皆さんは、ポケットにきゅうりを入れて、今日は乗鞍対策、22kmの山道を駆け抜けました。

 皆さん、胡瓜をかじり、大喜び。
 

 その甲斐あって、無事ときがわ 安らぎの里で、おいしいお蕎麦をいただきました。

 皆さん、ハードなコースだったのに(だからこそ)、最高の笑顔をありがとう。
Auther:  cyclismejapon

還暦祝い

さて明日はいよいよ乗鞍対策の2回目!初めての15人を超える皆さんと、白石を2回目指す。
 皆さんの笑顔に頂上で会えることを楽しみにドキドキしながら、今晩は眠ろう。
 
 さて今週個人レッスンをさせていただいたあきさん。
 なんと還暦祝いに3人のお子様から、素敵な自転車をもらったと、その初乗りにお供させていただいた。
 
 遊び心のある、大変たのしいあきさんの、子供からのプレゼントを体いっぱいに感じている姿に、僕は赤ちゃんの輪に親孝行してもらおう いやいや自分も親孝行しなきゃーナって思った。

 パリ・コレーズの屈辱を、きっとエキップアサダ-梅丹本舗ーグラファイトデサインが幸也が去年ステージ優勝したTDリムザンで取り返してくれます。

 つらいときこそ選手に応援が力になります。
 応援いつもありがとうございます。
 

 
 
Auther:  cyclismejapon

ついに来た!スペインからの熱い成績

たかしの4位とポンの10位!
 春先からの長~いトンネルだっただろう。
 だけど一度成績がでだしたら、止まらないのがエキップアサダ-梅丹本舗ーグラファイトデサインのメンバーだ!
 スペインからの熱い便りに、シクロパビリオンイベントも満員御礼絶好調!
 
 
 
8月1日挑戦夢の100kmも皆さん、じっとり暑さにもめげず、食べて走って、感動のカウントダウン、2時間オーバーで夕暮れ時にゴールしました。


 
 8月2日冷たい乗鞍対策もコースは変更しましたが、無事全員走り切れました。
 過酷な欧州のレースを思い出させる厳しい寒さでしたが、それも皆さんの情熱で吹き飛ばしました。

 


 さていよいよパリコレーズ。
 都貴がプレッシャーを楽しんで、チームで最高の走りをしてほしい。

 皆さんのお越しをお待ちしています。 

 嫁さんと輪が帰ってきて、2週間がたちました。
 ともしびのある家に帰る楽しみに、夜中にミルク上げようという決意も、まだ一度も夜泣きに目が覚めたことがありません。
 僕によく似たよく母乳を飲む出来のいい子です。
 ご近所さんにも、野菜をたくさんいただいて、元気いっぱいに育っています。
 
  
 
 夜な夜な輪の小さな手を握りながら、僕は力をもらっています。
Auther:  cyclismejapon

人の輪

 
 母は偉大なり。
 僕はこの言葉の重さをひしひしと感じながら、毎日を生きています。

 嫁さんと輪(今で2か月と数日)が沖縄から帰ってきて1週間が経ちました。
 こんなプライベートなことを、チーム様のHPに書いて申し訳ありません。

 だけどシクロパビリオンの館長+父親というさらに大きなプレッシャーを糧に、僕はまだまだ家族に心配かけてばかりだけど、男として、父として成長していこうと思います。

 厳しいレースが選手を強くするように、

 輪という字は、人の輪を大切にして、絶対自転車選手になって僕の勝てなかったレースを勝ってほしいと願ってつけました。

 ところが、昨日10年前のバイト時代に長年お世話になっていた下宿のおばさんに輪を紹介していて、漢字が違うことに気が付きました。

 人の「和」。
 
 ところがそこで僕のできた最近旦那にちょっと厳しい嫁さんは、
 タモリの笑っていいともは「友達の輪」ってやってるよ。

 って、最近 輪に対して、やっと心が通じてきた。

 笑った顔がわかるようになった。

 愛犬ベルナールも、網戸越しに輪にやきもち焼かなくなった。

 そして今日仏の育ての親 98歳になったベルナールに輪の写真の葉書を書いた。

 

 最近バタバタしていて、なんだか一番大事なことを、ないがしろにしている気がする。

 今こうして、自転車に携わって生きていけることを、今まで支えてくれた人に感謝しなければならない。

 そうわが子を育てる立場になって、感じています。

 

 さて暑い日が続きます。

 日射病予防は、睡眠と栄養と、まめな給水・休憩です。

 1時間にボトル1本を目標に、とにかく飲んで、いっぱい休もう!
 いよいよ明日渡仏後半戦2戦目のゲッチョ。
 おととし崇史の2位、去年都貴4位。

 相性のいい大会に、期待しています。
 
 明日は初のロングライドイベント、みんな楽しく完走してくれたらいいな
 
STAFF LOG IN PAGE TOP