梅丹本舗・GDR・EquipeAsada2008:

ホーム > お知らせ > 【お知らせ】新城幸也が「ブイグテレコム」(仏)へ移籍

【お知らせ】新城幸也が「ブイグテレコム」(仏)へ移籍

新城幸也選手が、強豪UCIプロツアーチーム「ブイグテレコム」(仏)へ移籍 プロサイクリングチーム「エキップアサダ」(2008年登録名=梅丹本舗・GDR、監督:浅田顥(あきら))の新城幸也(あらしろゆきや)選手が、2009年度にフランスの強豪UCIプロツアーチーム「ブイグテレコム プロサイクリングチーム」(監督:ジャン-ルネ・ベルノドー)へ移籍する事になりました。

契約期間は2009年1月1日〜12月31日の1年間。

新城幸也選手は沖縄県石垣島出身の25歳。
トライアスロンやハンドボールの経験を経て、高校卒業後に自転車競技を始める。2007年に日本一を決定する「全日本自転車競技選手権大会ロードレース」で優勝し頭角を現す。
世界一を決定する「世界選手権自転車ロードレース」に2005年から2008年まで4年連続出場(05年、06年はU23)、フランスの「ツール・ド・リムザン2008」ステージ優勝や、「ツール・ド・おきなわ2008」の完全優勝など、今最も期待されている若手日本人ロードレース選手の一人。

新城幸也選手の主な戦績:
全日本自転車競技選手権大会ロードレース2006(U23):優勝
世界自転車競技選手権大会ロードレース2006(U23):14位
全日本自転車競技選手権大会ロードレース2007:優勝
ジャパンカップ2007:5位
ツール・ド・リムザン2008:第2ステージ優勝
ツール・ド・おきなわ2008:第1&第2ステージ優勝=総合優勝。

新城幸也選手のコメント: 「新城幸也は2009年シーズン、フランスのブイグテレコムと選手契約をいたしました。これまで自分の走りを支えてくださった皆様方、そして最高のチームメイトの元を離れることになりましたが、「夢へ」一歩近づくチャンスを頂いたことに感謝し、来シーズンの更なる飛躍をお約束いたします。」

ブイグテレコム監督、ジャン-ルネ・ベルノドーのコメント: 「新たな挑戦への糸口を渇望する我々は、日本の前途有望な選手への扉を開く事により、私たちが今まで知らなかったもう一つの自転車競技の進化を知る事になるだろう。 ユキヤ(新城幸也)は真の可能性を秘めた選手であり、既に数々の勝利(2007年全日本チャンプ、「ツール・ド・リムザン2008」ステージ優勝)がそれを証明している。彼はアタッカーであり、スピードもあり、そして山岳コースを物ともしない。ヨーロッパでの彼の活躍を見るのは非常に興味深い。我々は彼をグランツールの一つのスタートラインに立たせたいとも考えており、大いなる活躍を今から楽しみにしている。」

浅田顥、エキップアサダ(2008年登録名=梅丹本舗・GDR)監督のコメント: 「日本の代表として唯一のプロツアーライダーを輩出できることを嬉しく思います。これは彼一人のものではなく、本場で一緒に戦ってきた選手とスタッフ達の努力と収めた実績への評価、そして未来です。次のステージへ先行し更に実力を上げてゆく新城幸也と宮澤崇史(09年、イタリア「アミーカチップス・クナウフ」へ移籍)の2人をバックアップしながら、チームとして再び迎え入れるべく努力をしてまいります。」

2008年11月25日 20:27

|前のページ |メイン|