このブログは、ツールドフランス出場を目指す"NIPPOコーポレーション梅丹本舗エキップアサダ”の監督である浅田顕のブログです。

ASOかUCIか?  2008年03月31日

ツールドフランスを主催するASOと世界自転車競技連合(UCI)が対立している。

自転車ロードレースはツールドフランスを頂点に誰もがそこに注目している。

自転車ロードレース界の約70%の資金がそこへ向けて投入されている今日、ASO主導のプロロードレース界と言っても過言ではない。軍配はどちらに上がるのか?

ASOが優勢。でも皆が望んでいることは間違いなく共存だろう。

これからどうなるのか?

僕はASO主導のレース界、これからもそうであるとは思わない。

なぜ世界一のチーム「アスタナ」がツールに出れないのか?一連の汚名問題が大きく影響していることは事実だが、こんなことを長期化させれば自転車ロードレースの価値は下降の一途をたどる。

この状況下UCIプロツアーが続くことは難しいと思うが、UCIは次の展開をしなければならないと思う。

我々はUCIに高額な上納金を支払っている。

欧州でも下部チームは財政難にあえぎ資金集めに苦労している。

全世界約150のUCI登録チームがツールをはじめASO管轄のレースに参加することなくシーズンを送っている。

僕はUCIに不満も感じている。加盟チームにどれだけ権利を与えているか?

競技スポーツは競争のもとに成り立つものであるが、少なくとも加盟チームをより多くのスタートラインに立たせるためにももっと努力してほしい。

日本では自転車に乗る人が急増している。欧州でも同じく、健康やホビーを目的としたサイクリストが増えている。反面レース離れが進んでいる状況下で、UCIは両者を繋ぐ努力が急務であると考える。

加盟チームの経営状態の審査や登録条件の底上げをする一方で、底辺のチームがよりよい運営をするためのサポートは出来ていないと思う。

スポンサーシップ100%で運営を強いられる自転車チームにとっては向上が困難である。

コンチネンタルチームといえども、スポーツビジネスに長けた代理店をたて、スポンサーを獲得できなければ走れないのか?

UCIの上納金の多くがドーピングコントロールのために使われていることも腹が立つ。なぜ健全な資金が不正行為をはたらく一部の連中のために使われなければならないのか?

それなら、選手が安全に走れるために無料の健康診断を義務化するような使い方をしてほしい。

そして自転車ロードレースの特長を生かして地域活動等もサポートし、そこに価値を創ってほしい。

ASOとUCIが別物でも構わないが、ツールドフランスだけではロードレース界は成り立たない。

そしてツールドフランスはASOのものではなく、自転車文化を尊重する市民のものだと思う。

多くの加盟国内連盟、全世界で500近い公認レース、そして150以上の加盟チームとその2000人以上の所属選手を納得させることで90%以上のサイクリストがUCIの味方になると思う。

我々が憧れる世界の頂点であるツールドフランスを取り込もうとするM&Aまがいのアクションよりも、純粋に頂点を目指すチームや発展を目指すチームをサポートし、選手育成を促し、地域や底辺をサポートし、自転車競技の発展に注力してほしいと思う。

そして世界一のチームがツールに復帰することを願う。

投稿者 asada : 00:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも7日か  2008年01月07日

年明けからすでに1週間。4日から「仕事始め」としたが若干正月モードで営業時間も短めな今日この頃。明日から平常業務に戻さねば。周囲では風邪が流行している。気を付けましょう。

投稿者 asada : 00:59 | コメント (1) | トラックバック (0)

新年を迎え  2008年01月01日

いまさら更新するのもナンですが、まずは、長期に渡り更新しませんでしたことお詫びします。

自宅にて新しい年を静かに迎えました。

一年前を振り返ると、無謀な形でチームを走らせたことを思い出しますが、すばらしい選手とスタッフに恵まれ良いシーズンを終えました。

1年走って、1年前より課題も増えました。

いろんな方に迷惑もかけました。


期待と不安、喜びと痛みを繰り返す毎日ですが、前進あるのみですね。


浅田


投稿者 asada : 00:35 | コメント (3) | トラックバック (0)

罰金  2007年03月11日

先日のレースで罰金(UCIに支払うペナルティー)を課せられた。

実はこれはそんなに珍しいことでは無く年間にすると結構払っている。

今回は、ある選手が落車して集団復帰が難しい状態になり、見かねたバイク審判(主催者である地元クラブのボランティア)が愛の手を差し伸べてくれたのだが、別の本部審判がそれを発見し「違反行為をしたので彼をリゴールさせるな!」とチームカーまでわざわざ言いに来た。

天気もいいので練習のためゴール前まで走らせるつもりだったが、しばらくすると、更に「今、自主的に降ろせばもみ消してやる」とありがたいお言葉もいただいた。

変な話なので、「あなたは審判なのだから、あなたが降ろしてください」と言い返すと、その通りにしてくれた。

どうやら他チームの遅れた選手も同じ状況で、その対象になったようで、そのチームの監督はすぐにその選手をリタイヤさせたようだ。

その夜、COMUNIQUE(コミュニケというレースリザルトと伝達事項を記した書類)に、僕に「不正行為による100スイスフランの罰金」が通知された。

他チームの監督は約束どおりおとがめなし。


またくだらない出費をしてしまった。


そういえば3年前セルビアのレースを走ったときに、終盤コース状況が悪く、不慣れな主催者側のドライバーの運転でチームカーが前に上がれず、ゴール前20kmまでに最後のボトルを渡せなかったため、審判の指示を受け入れず、猛暑で干からびる選手へ禁止区間であるラスト20kmを切ってからペナルティー覚悟で補給した。

このときは、審判の怒りに触れたようで、異例の1000スイスフラン(約8万円)の罰金となった。

今年は少し性格を改めようかな。


投稿者 asada : 06:37 | コメント (3) | トラックバック (0)

TOUR OF SIAM お疲れ様  2007年01月27日

現在パリの空港ラウンジです。今週は欧州レース開幕に向けて諸準備にきてます。

拠点となる南仏TOULOUSEは先週まで20度近くあったようですが、火曜日、僕の到着とともに雪になりました。ゴメンナサイ

TOUR OF SIAMを走った選手とスタッフの皆さんお疲れ様でした!ぶっ飛ばした分、ランカウイまで少し休んでください。

4月のレーススケジュールが少し変わります。出場を見送ったはずのTOUR DE BRETAGNEですが、MADRIDのレースが7月に変わることと、ブルターニュの皆が強烈に呼んでくれるので出る事になりました。

欧州ツアー開幕が待ち遠しくてたまらない。

投稿者 asada : 04:19 | コメント (3) | トラックバック (0)

開幕  2007年01月15日

あの時は本当に真っ暗でしたが、もうすぐ念願のシーズン開幕(TOUR OF SIAM)を迎えます。選手達は次々とタイへ出発し体調を上げています。

昨年TEAM NIPPOで走った清水良行も日本代表で参加していたマレーシアのステージレースから帰国し、少し休んでまた元気に走り出します。

仕事を片付けて早く現場に行きたい!

チームは開幕といっても実は僕の開幕戦はまだ少し先です。

タイへ行きたい。

投稿者 asada : 00:29 | コメント (3)

自転車の将来は?  2007年01月13日

フランスのブルターニュ地方にRENNES(レンヌ)という大きな町があります。

今から18年前、21歳のとき自転車レースを学ぶために僕はそこで半年生活しました。

郊外はトレーニング環境に恵まれ走るには最適でしたが、街中は古い町並みと細い道、路上駐車は放置され、交通量が激しいため生活移動手段として自転車を利用するには日本以上に不快感を覚えました。

自転車王国と呼ばれながらも自動車主導の交通社会に疑問を感じました。

しかしそれから15年経った後、久々に訪れたその町は近代化とともに道路事情も大きく変わっていました。

市街地の外側を括る大きな環状線が完成し、街中を抜けるクルマが減り、メトロが開通し、街中のいたるところに自転車レーンが見られ、さらには新興住宅地から街中へ貫ける道路では、その真ん中の車線が優先レーンとしてのバスと自転車専用道になり、一般車道はその両脇を歩行者のごとく走っていました。

20世紀の交通社会はとりわけスピード競争が重視されてきましたが、21世紀、交通社会の近代化とはまさにこういうことだと感じました。

なぜこんなことを書いているかといいますと、昨年暮れに自転車活用推進研究会というNPOの存在を知り、会合にお邪魔しました。

自転車が車道を走れなくなる!?という話は最近耳にしていましたが、会合では現状を分かりやすく説明していただき、参加者の方の意見も伺えました。

実際に自転車の歩道通行拡大や危険道路の自転車通行禁止などを盛り込んだ法案が次期通常国会へ提出されようとしています。

どういうことかというと、

欧州式=交通環境整備を考え街中への車の進入を少なくし自転車を走りやすくし、クルマ、自転車、歩行者の区別をハッキリつけた。

日本式=自転車は車道を走るのが危険(車の邪魔ということ)だから歩道に乗せる。

という解釈を私はしてしまいます。

まずは、こちらをご覧いただき考えてください。

自転車活用推進研究会

http://www.cyclists.jp/

投稿者 asada : 00:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

初夢  2007年01月10日

今日からブログをはじめることになりました。
実はもう1ヶ月前からブログの準備は出来ていたのですが、このところ毎日限界まで起きているので日記を書くどころではありませんでした。
そして今日も限界に近い眠さですが踏ん張ります。
そういえば皆さんお正月はゆっくり過ごせましたか?初夢はどんなでした?僕の場合、すごく鮮明な初夢でした。
フランスのレース会場に到着しライセンスコントロール(受付)をするのですが、何故かエントリーリストにメンバーの名前を書かなければならずペンを取り書き始めました。
いくらやっても途中で間違えてしまい、やり直し続けているうちに隣の部屋で監督会議も始まりまってしまいました。でも不思議と他チームの監督は僕を待ってくれているのです。
遅れはとったが希望がある。
まさに今の心境です。本年もよろしくお願いいたします。

投稿者 asada : 01:26 | コメント (3)